QLOOKアクセス解析

2013年09月15日

ボアアップの実施(その1)

先日いよいよボアアップを実施いたしました。
前にも紹介したかもしれませんが、使用したボアアップキットはこちら。
boaup

さすがに一人で作業する自信は無いので、経験豊富なシュガーさんに手助けを依頼しましたm(__)m

作業手順

1.外装部品を外す
 シートとタンクとサイドカバーを外します。簡単なので省略(^^ゞ
 必要工食:10,12,17のソケットレンチもしくはメガネレンチ

2.マフラー、キャブレターを外す
 これも簡単なので省略・・・。
 必要工具:六角レンチ、14ソケットレンチ、14メガネorスパナ、+−ドライバー、8mmメガネ、12mmスパナ

3.エンジンハンガー取り外し
 片側をメガネなどで抑えて、ソケットレンチで取り外し。左右があるのでわからなくならないように白の油性マジックなどでL/Rなどと書いておくと良いかも。
 必要工具:12mmソケット、12mmスパナorメガネ

4.ヘッドカバー取り外し
 10mmのソケットなどで対角線を基本に緩めつつ取り外します。
 全てのボルトが抜けても、液ガスで固定されているのですぐには外れません。
 プラハンマーなどでコンコンと叩いてやれば、バネの勢いで外れます。
 必要工具:10mmメガネorソケットレンチ、プラハンマー
ヘッドカバーの裏側。ロッカーアームにはスプリングが2本。

ヘッドカバーを外した所

5.カムスプロケット取り外し
 上の写真で出ているカムスプロケットを外します。
 ギヤを入れるなどして周り止めをし、ソケットレンチで緩めます。この時、シリンダーヘッドに傷をつけないように、ウェスなどでガードして外しましょう。
 また、カムチェーンを外した後、クランクケースに落とさないように気をつけましょう。
 カムチェーンに針金やタイラップなどを通し、落とさないように工夫しましょう。
 万が一落ちたときは磁石式の工具などで拾い上げます。
 必要工具:10mmソケットレンチ。針金orタイラップ
カムチェーンは特殊な形でした

6.シリンダーヘッド取り外し
 いよいよシリンダーヘッドの取り外しに入りますが、その前にカムチェーンスライダーを前後とも外しておきましょう。その後カムチェーンテンショナーを外します。
 ヘッドを止めているのは4本のスタッドボルトです。
 緩めるときも対角線を基本に、少しずつ緩めます。
 必要工具:10mmソケットレンチ

7.シリンダー取り外し
 シリンダーは左側に2本の10mmボルトがありますが、これを外せばあとは少しずつ引っこ抜いていくだけです。
 必要工具:10mmメガネ、プラハンマー
ノーマルのシリンダーとピストン

8.ピストン外し
 シリンダーが抜けたら、クランクケース内に物を落とさないようにウェスなどでガードしましょう。
 ピストンを外すには、ピストンピンを抑えているCリングを外すのですが、ちょっと細めのラジペがあれば簡単です。
 このクリップを外すときに、間違ってクランクケース内に落としたら大騒ぎです。
 クランクケースを割って取り出さないとエンジン始動できないと思ってください。
 必要工食:ラジヲペンチなど

ここまでで分解作業はひとまず終了です。
これから組みつけていくのですが、ここから先は次回で(^^ゞ

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 23:03| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

ボアアップキットについて

しばらくブログ更新できませんでした。

お待ちいただいた方々には大変申し訳ございませんm(__)m

さて、先日購入したタオバオ品の中で、今回はボアアップキットに絞ってご紹介させていただきます。

まずはシリンダーから。
IMGP0797

取り付けた状態で言うと、キャブ側から見た姿です。
大きな穴はもちろんカムチェーンテンショナーが通る穴です。
既存のオートマティックタイプでは不安があるので、H用のセミオートタイプも用意しました。
IMGP0794

マフラー側から見るとこんな感じで、AI用のポートが開いています。
IMGP0798

上から見ても、もちろんAI用の穴が開いています・・・
穴の処置はどうするんだろう?
IMGP0799

ピストンとピストンピンはこんな感じです。
IMGP0795

バルブリセス(バルブがピストンにあたらないようにくぼんだ穴のこと)はいい感じじゃないですかね?

ピストンリングももちろんあります。
IMGP0796

また、わざわざ写真を撮ってはいませんが、ピストンピンの抜け防止用クリップもついています。

今月中にこちらを組む予定です。
ボア62×ストローク48.8 ピストンピンの直径14 ミリメートル
排気量は147ccになる予定です。

ボアアップ後、いったん廃車をして軽二輪登録します。
ボアアップ後はしばらく慣らし運転ですね(^^ゞ
今更だとけっこうしんどいかも・・・。
posted by 万里パパ at 22:24| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。