QLOOKアクセス解析

2013年10月12日

キャブをまた変えました

最近公私共に忙しかったり、酒を飲んで寝てしまったり、更新しようとしたらIEが不正終了してブログ記事が消えてしまったりでしばらく更新できませんでした(^^ゞ

この間、とりあえずセッティングに精を出していたんですが、HのノーマルキャブであるBS26がなかなかセッティングが出てくれませんでした。

タペット調整を行ったことで低速が安定し、パイロットジェット(以下PJと表記)が#12.5でもいけるんじゃないかと試してみました。
アイドリングは安定するんですが、5000回転前後で引っかかるようになり、PJ#17.5の時の濃い感じとはまた違う嫌な感じになってしまいました。
欧1キャブを装着

それなら#15にしようと、燃料コックを閉め、ドレンボルトを緩めてガソリンを排出し、フロートカバーを開けてPJを交換しようとしたら、持っていると思っていたPJ#15がセッティング用の箱の中に無いじゃないですか(^^ゞ
それでも#12.5よりはましと、#17.5を付けて走り始めたのですが、しばらくしたらエンジンストール。
再始動もできなくなりました。

ありゃ?どうなってるの?ひょっとして被ったかな?

と思い、バイクを歩道に乗せて、プラグが乾くまでちょっと一休みと思い、タバコをくわえて何気なくキャブを見ると、

ガソリンがだだ漏れしてるじゃないですか!

しまった!ドレンボルト締め忘れた!!

この前も同じ事やったのに学習能力が無さ過ぎるorz

タバコに火をつける前に気が付いてよかった(^^ゞ

ともあれガソリンコックを閉めて、ドレンボルトを締めようとしたら、ドレンボルトのあるべき場所には穴しかありません。
緩めすぎて、走っている間に落ちてしまったのです。

しばらく途方にくれてどうするか考えました。

ドレンボルトの代わりになるボルトをとりあえず突っ込んでみようと重い、サイドバッグをあさってみたところ、5mmと6mmのイモネジがありました。

ネジピッチが違うのできちんとはしまりませんが、5mmを奥に突っ込み6mmで蓋をし、オーバーフローの穴には紙をちぎってねじ込んで応急処置しました。

とりあえず走れるようになったので一度帰宅。

代わりになるドレンボルトを探したのですが、2Fのノーマルキャブのそれはかなり形状も違うのでアウトっぽい。

こうなったらまたOKOキャブ付けるしかないかと思い、ようやく今日キャブを交換しました。

P1100750

ボアアップのときにシュガーさんからいただいたGN250用と思しきチューブ・アウトレット(エアクリBOXとキャブをつなぐゴムの管です)があるので、それほど苦労しないかと思ったんですが、このチューブ、どうにもGN125のエアクリーナーボックスとは相性が悪いようで、どうつけても口が斜めになってしまいます。
それでも無理やりつければ、と思ったんですが、どうしてもうまく付かないため、久々にパワーフィルター(PF)仕様にしました。

夕方から夜にかけての作業だったので写真はありません(^^ゞ

ところで、早速の試運転ですが、いや、やっぱいい!
全然別物です。
なんといっても乗っていて楽しい。

PF限定なので、あまりお勧めはできませんが、とにかくボアアップにはOKO、もしくはPWK28が最強だと思いました^^


このタイプならチューブ。アウトレットがなくてもなんとか付くかな?

OKOキャブはこれが安いですね。



その他にも必要なものはありますが、過去記事をご参照いただければ幸いです。

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 22:52| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | キャブレター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。