QLOOKアクセス解析

2014年06月05日

改造に関するまとめ -その3-

第3回もほぼ基礎編です。
GN125の弱点のひとつはライトの暗さです。
明るい街中を走っているときはあまり気になりませんが、街頭の少ない雨の夜とかで走っていると本当にライトがついているのか?と疑いたくなるほどです。(実際私は止まったときにヘッドライトを何度も覗き込みました)

現在私はメインのヘッドライトにHIDを付けていて、日中はLEDの補助灯を点けていることが多いです。
P1100893

補助灯のあり方は私の好みですが、ヘッドライトは本当に何とかしたいところです。
変更するとしたら次の3つが候補になります。

1.HID

(どうでもいいけどこれ凄い安いなあ・・・)

HIDはなんと言っても明るさダントツです。
問題があるとすれば次の3点。
・バラストの固定場所を考えないといけない(私はAIのあった空き地に設置してます)
・起動時に高電圧を必要とするためバッテリーの負荷が高いかも?
・ノーマルライトよりも発熱量が大きいため、周りが溶けるかも(私は反射板が溶けてます)

あと、電装系の加工にはすべて当てはまりますが、ギボシと電工ペンチの使い方と用意はないとだめでしょうね。
GNのライト内部の配線はキツキツなので、無理に押し込むと破損する可能性があります。
私のは後ろに穴を開けています(^^ゞ

2.H4のバルブに変える


ノーマルのバルブだけならこんなに安いんですけどね・・・


H4のバルブの優位性は、本当にどこでも買えることです。たぶんガソリンスタンドなんかでも置いています。H4に変えるのもHIDに変えるのも同じようにライトを改造しないとだめですね。
それが嫌な人はライトアッシーを買っちゃいましょう。


ちなみにノーマルのライトにH4の高効率バルブとかをつけると、反射板だけでなくレンズが溶けることもあるのでご注意ください。

3.LED


LEDの最大の利点は消費電力の少なさです。
LEDも実は熱処理が大事みたいですが、使ったことがないので詳しくはわかりません(^^ゞ
実はそのうち付けてやろうと画策しているのですが、いつになることやら(^^ゞ

まだまだ続きます
posted by 万里パパ at 22:48| 東京 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする