QLOOKアクセス解析

2012年04月05日

GN125HとGN125−2F

GN125を購入するに当たり、若干選択の余地がありました。
それはGN125HかGN125−2Fか、と言う選択でした。

情報の少ない中、この2台を比較検討してみました。
まずはGN125H

  GN125H
全長 1945mm
全幅 815mm
全高 1110mm
軸距 1280mm
シート高 740mm
乾燥重量 110kg
タイヤ前/後 2.75-18/3.50-16
エンジン 空冷4サイクルOHC単気筒124cc
ボア×ストローク 57.0x48.8
圧縮比 9.2
最大出力/トルク 12.5ps[9000rpm]/1.0kg[8500rpm]
60Km/h定地燃費 52.6Km/L
潤滑油容量 1.0L
燃料タンク容量 10L
最高速度 95km/h
こんなスペックみたいです。
正直、一番大きなネックはチューブタイヤであること。もっとも、チューブレス化も可能なようですが。

一方GN125−2Fはこちら


  GN125-2F
全長 1970mm
全幅 770mm
全高 1110mm
軸距 1275mm
シート高 不明
乾燥重量 110kg
タイヤ前/後 2.75-18/3.50-16
エンジン 空冷4サイクルOHC単気筒124cc
ボア×ストローク 57.0x48.8
圧縮比 9.2:1
最大出力/トルク 10.6ps(7.8kw)
60Km/h定地燃費 58.8km/L
潤滑油容量 1.0L
燃料タンク容量 10L
最高速度 92km/h

スペックはほぼ同じようなものです。
強いて言うなら出力が下がり、ローギヤードになってます。
外観上大きな違いはエンジンガードが標準装備なのと、リアキャリアが座面とフラットなこと。
細かいことではブレーキが大径化し2ポッドに。(たぶん大差ない)
マフラーがメッキ塗装だったのが黒のつや消しに。
チェンジペダルがシーソー式に。
あと微妙に燃費が向上しています。

結局は「新しいほうがいいにきまってる!」と強引に決め付け、GN125−2Fの購入が決定したのでした。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
ラベル:GN125-2F
posted by 万里パパ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入動悸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック