QLOOKアクセス解析

2012年06月01日

GN125−2Fの遅さ

今回はGN125の遅さについて紹介します(笑)
乗っている人には今更な話なのですが、これから選ぶ人に参考になるように書いて見ます。

1.加速が遅い
 パワーが無いので当たり前な上に、私の場合は余計にパワーウェイトレシオをより悪化させていますので徹底的に遅いです(苦笑)
 どれぐらい遅いかと言うと
 (1) 車が真面目に加速すると前に出られません
 (2) 原付スクーターがフル加速するとついていけません
 (3) 回さないと余計に遅いのに回すとうるさいので回したくないと言う弱点がある
 (4) 別に遅くても良いやという気分にさせてしまう雰囲気で本当に遅い(笑)

2.最高速度が遅い
 カタログスペックからして最高速が92km/hですから速いわけはありません。
 もちろん原付2種ですから、法律上の最高速度は60キロです。しかし、60キロ制限の道でも車は80キロ以上で流れていることが良く有ります。車の流れについていけないというのはかなり怖いことですが、とりあえずは何とか流れにはついていけます。

3.コーナーで遅い
 コーナーを攻めるようなバイクじゃないと言ってしまえばそれまでですが、一応・・・。
 フロントの立ちが強く、さらにはフロントの接地感が少ない。フロントタイヤをよりハイグリップのものに変えれば少しはフィーリングが向上すると思いますが、常にフロントが外に逃げていく感じがします。
 限界近くなるとフレームの弱さ、サスペンションの弱さが気になってくると予想されます。私程度の腕ではとても攻め込める様子ではありませんでした。
 バンク角も深くは無く、ステップも固定式なので下手に倒すとステップが引っかかってこけそうな気もします。
 立ち上がりの加速はまったく期待できません。
 ブレーキも利くほうではないので突っ込みで無理するとそのまま真っ直ぐ行っちゃいそうです。
 コーナーでは無理をしないことです・・・。

総論
 決して速いバイクでないのは、このバイクに興味をお持ちの方なら既にご存知でしょう。
 遅くても良い、そんな気持ちにさせてくれるバイクです。
 加速時に「トットットット・・・・」とシングルの鼓動が響いてくるのは大変心地良いです。
 一方、これはどんなバイクでもある程度一緒ですが、お金をかけて改造していけばそれなりには速くなります。スタイルは好きだけど遅いのは嫌だ!と言う人は弄ればいいです。エンジンはモトクロッサーのDRZと基本設計が一緒なのでパーツにある程度の互換性があります。ワイセコのオーバーサイズピストンも出ていますのでボアアップも可能です。キャブもビッグキャブを選択できます。し・か・し、マフラーはろくなのが無いです。DRZのアップマフラーはさすがに似合わないでしょうし、スーパートラップは・・・。
 まあ、お金を出せばワンオフでマフラーを造ってくれるショップや、純正を加工してくれるショップもあるのでそんな選択肢はありますかね。
 例えばこんなのとか。
 まあ、楽しめるバイクであることだけは間違いありません^^

P1100345s.jpg

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 20:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック