QLOOKアクセス解析

2012年12月04日

プリロード調整

プリロード調整を試してみました。
P1100694

写真のように、プリロード調整用の穴に六角レンチや写真のような適度な大きさの棒状のものを突っ込んで力ずくで回します(笑)
ノーマルの状態では弱いほうから2段目です。
まあ、正直そのままでも乗り心地その他に不満があったわけではないですが、Sugarさんから進められたのでやってみました。

ところで、プリロード調整の意義や効果について簡単に説明してみます。
プリロード調整とは、サスペンションの初期縮みを最初からつめることで、乗車時の姿勢を後ろ上がりにすることです。
効果としては次のようなものが挙げられます。

1.乗り味が硬くなる
 バイクにまたがったとき、最初に沈むところで沈まなくなるため、サスペンションが硬くなったと感じます。それ以外でも、乗車中に細かなギャップを拾ったときも鮮明に感じるようになります。

2.乗車姿勢が変化する
 通常走行時に少し後ろが上がります。その結果、キャスター角が変化し、クイックに曲がるようになります。まあ、それほど極端に変化するわけではありませんけど。

なんでもそうですが、自分にあった位置を見つけることが本来は重要です。
今のままでよければそのままでも良いでしょうけど、プリロードを変えることで、また新しい乗り味を味わうことができます。ためしにやってみてくださいね^^

プリロード調整をしてもどうしても納得がいかないときはサスペンションを変更することになります。
ただ、基本的にはGNクラスのバイクだとそこまでサスペンションを突き詰める必要性自体はそれほど高くないかとは思います。また、実際に購入できるアフターマーケットパーツはタオバオ品になりますが、これらの性能などについても疑問があります(^^ゞ
それでも見栄え的にはかなり美しくなるので全否定をすることは有りません。
つけてみて良ければそれでいいのです^^

ちなみに、有名なサスペンションメーカーにはGN125に適合するようなサスペンションは売っていません(^^ゞ
また、リアサスだけ強化してもフロントとのバランスの悪化や、フレーム剛性との兼ね合いなどがあるため十分に性能を発揮できるかどうかにはかなりの疑問があります。それでも変更したい場合は、自己責任でなさってみてください。
もしホワイトパワーやオーリンズなどでワンオフを造るとすると、たぶん車体が買えるぐらいの予算が必要になります(笑)


ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by 万里パパ at 22:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サスペンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰か、人柱になってくれないかなー…
オーリンズを着けたGN。(笑)ある意味それはそれで男気を感じます。

ちなみに私はプリロード2番目に硬くしています。
Posted by Yuapu at 2012年12月05日 02:26
>Yuapuさん
車両価格よりも高いサスペンション、もしやる人がいたら「男」ではなくて「漢」と呼びましょう^^
私は体重に合わせて最強にしてみました(笑)
Posted by 万里パパ at 2012年12月05日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305240035

この記事へのトラックバック