QLOOKアクセス解析

2013年07月15日

GN125−2について

最近は街を走っていてもGN125を良く見かけます。
一番多く見かけるのはHですが、次に見かけるのはEだったりします(^^ゞ

私の乗るGN125−2Fはミーティングじゃないとまず見かけませんね。
このGNシリーズ、GN125E、H、2Fの他に、実は2とFもあるんです。
でも今まで2やFは日本に入っていなかったんですが、ついに2が上陸したみたいなんです。

GN125−2はこんなのです。
gn125-2R

この写真から、2Fと同じタイプのマフラーがついていること、ホイールはHと同じであることがわかります。
ミラーは丸型で、2Fと同じようにエンジンガードがついています。AIもついているようです。

gn125-2MT

メーターはHのものそのままですね。

gn125-2LF

フロントディスクブレーキのキャリパーも、シングルポッドのHのものですね。ウインカーもHと同じです。
シリンダーヘッドのカバーはなく、Hと同じようです。
左ハンドルにチョークレバーが見えるので、ハンドルスイッチは2Fと同じようです。


gn125-2LB

テールランプやシートもHのものですし、シフトペダルもシーソーではありません。
ステップホルダーもHのもののようです。

gn125-2L

gn125-2SC
サイドカバーには「GN125−2」のエンブレムがあります。

☆まとめ☆

GN125−2はHにエンジンガードを取り付け、AI付のエンジン、2Fと同じキャブとマフラーが付いているもののようです。
ちなみに私が部品取りにHを購入したとすると、2FのいらないパーツとHのいらないパーツを組み合わせてこのバイクになる気がします(^^ゞ
Hの最大のうまみである出力はスポイルされ、2Fの最大の美点である2ポッドキャリパーも装備していない、そんなGN125−2ですが、GNファミリーとして暖かく見守ってあげましょう^^

GN125−2の購入をお考えの方はバイクセンターにお問い合わせください。
バイクセンター

GN125−2

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 21:46| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 車両解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

ギヤポジションインジケーターについて

カチカチさんからの質問に対して回答のつもりで今日のブログを書かせていただきます。

まずHのインジケーターから。
gn125met2

上の枠に1〜5の数字が光ります。
数字自体は小さいですが、光る場所で何速かは感覚的にわかりますね。

一方、2Fのインジケーターです。
IMG_20130528_184518

暗いときはこんな具合にはっきりと見えます。
ただし、明るい日中や、光の加減では何速に入っているのか読み取れないことも多いです。
慣れるときっとHのインジケーターの方が見やすいのではないかと思います。

デザインについては好みですね(^^ゞ

このギヤポジションインジケーターはスズキの伝統的な便利機能です。
大型車にも搭載されていまして、あるとけっこう便利です。
ベテランライダーなら無くても良いと思う人も多いですが、あると便利なのは事実です。
私もバイク歴32年ですが、やっぱりあると便利だと思います。



SUZUKI【新車】125ccGN125H <レッド>

SUZUKI【新車】125ccGN125H <レッド>
価格:139,000円(税込、送料別)



ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 21:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 車両解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

GN125を買おうとしている方へ

GN125シリーズは非常に基本的なオートバイです。
カスタムしてもしなくても十分に楽しめるオートバイです。

購入後の手間要らずと言う点ではGN125Hを買うべきでしょう。
SUZUKI【新車】125ccGN125H <レッド>

SUZUKI【新車】125ccGN125H <レッド>
価格:139,000円(税込、送料別)



ただ、中国でも国内販売は終了しているため、流通量は多くありません。
そのまま乗ってもなんら不満の無い車種だと思います。
この車両に欠点があるとすれば、チューブタイヤであると言うところでしょうか。
それでも2Fに比べれば、国内流通品でタイヤの変更ができると言う点はメリットであり、大きなデメリットとは言えないでしょう。
現在購入できるGNシリーズとしては一番のお勧めです。

次に私の乗るGN125−2Fです。
2Fのメリットも実はそれなりにあります。
まずはフロントブレーキです。Hはシングリキャリパーで制動力に不安があります。2Fのフロントブレーキは2ポッドキャリパーで、十分な性能を発揮してくれます。
それ以外にも装備の変更点は数多く、装備面では2Fを購入しても後悔は無いでしょう。
しかし、2Fは絶対的な動力性能がHと比べはるかに劣ります。
その上燃費性能も劣りますのでご注意ください。
詳しくは「GN125HとGN125−2F」と、「GN125Hと2Fの違い パート2」をご覧ください。

もう一台、国産のGN125の中古と言う選択肢もあります。
これについては中古と言うこともあり、当たりはずれが大きいと言うことが最大のデメリットです。
また、古い車両ですので、純正部品の調達に困るかもしれません。
仮に状態のいい国産GNがあれば相当のラッキーです。大事に乗ってあげてください。
一部の部品は中国製のGNとも共通で使用可能ですから、タオバオなどで仕入れれば相当安くレストアできるかもしれません。

GNは走っても実に楽しく、オートバイの基本が学べる車両ですので、是非乗ってみてください。
ノービスの人からベテランの人まで、幅広く薦められるオートバイだと思います。

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 22:13| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 車両解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする