QLOOKアクセス解析

2012年06月10日

GN125のタイヤ

GN125のタイヤですが、次のような具合です。

GN125E、H = F 2.75-18 WT R 3.15-16 WT
GN125−2F = F 2.75-18 TL R 3.15-16 TL

違いはWT=with tube(チューブタイヤ)かTL=tubelessかだけです。
チューブタイヤにはチューブタイヤの良さが、チューブレスにはチューブレスの良さがあります。
チューブタイヤはタイヤレバー2本あれば簡単にタイヤ交換できますが、チューブレスはビードを落とさないとタイヤを外せません。
チューブタイヤは手押しポンプでも空気を入れられますが、チューブレスは(交換時)エアコンプレッサーが必要になります。
チューブタイヤはパンクするとほぼ瞬時に空気が抜けますが、チューブレスタイヤはしばらく持ちます。
チューブレスタイヤはガソリンスタンドでもパンク修理してもらえますが、チューブタイヤは自転車屋さんでもないと修理してもらえません(苦笑)

もちろん、信頼性という点ではチューブレスの圧勝です。
ただ、EもHもキャストホイールなので、バルブさえチューブレス対応に変更すればチューブレス化ができるようです。

さて、実はチューブレスにはもう一つ大きな大きな欠点があります。

一般的には問題ないのですが、GNについては問題があるのです。
それは・・・・

国内では流通しているタイヤがない!!

と言うところです。

つまり、GN125−2Fはタイヤを純正サイズに交換したくても取り寄せないとできないと言うことです。

ただ、そこまでKENDAタイヤに執着する理由はないので、できればそれ以外のタイヤに変えたいと言うことになります。

・フロントタイヤ
再掲Fタイヤサイズ=2.75−18
このインチ表示をメトリック表示に変えると

80/90−18

となります。このサイズ、WTならあるのですがTLにはありません。
サイズアップならとりあえず

90/90−18

です。これならなんとかTLタイヤがあります。
例えば


こんなタイヤ紹介すると「そんな消しゴムタイヤ付けられるか!」と言う声が聞こえてきそうです(笑)
でもね、その昔私がVFR400Rに乗っていたとき、ダンロップのGPR70からGPR80に変えたときの衝撃が今でも忘れられないのです。
つまり、ハイグリップタイヤからツーリングタイヤに変えたとき。
今まで路面に貼り付いていたタイヤが突然外に逃げだしたのです。
もちろん今のKENDAタイヤもガンガン外に逃げていきます(笑)

安全、安心のためにはコストを惜しんではいけないように思います。
TT100が消しゴム呼ばわりされていますが、私のお勧めはTT900.


そして実はTT900GPにはリアタイヤサイズもあるのです!(フロント用ですが)


・リアタイヤ
さて、紹介が前後しましたが、GN125のリアタイヤは3.50−16
です。
ここで整理ですが、
2.75=80mm
3.00=90mm
3.25=100mm
3.50=110mm
です。
インチ表示の扁平率は90%ですから、3.50-18は
110/90−16になります。
ところが、110/90−16だと実は若干オーバーサイズになり、チェーンカバーに接触することがあるようです。
なので、実質的に適合するタイヤは100/90−16となります。

ちなみに3.50-16でもTLで該当するタイヤはありません。

で、実際に付けられるタイヤを上げていくと
フロント 90/90-18
ブリジストン
L303(微妙?)
BATTLAX(バトラックス)BT-45 SPORT TOURING 90/90-18 M/C 51H TL

ダンロップ
Arrow MAX GT501

TT100GP

TT900GP

IRC
IRC RS-310 90/90-18 M/C 51H TL


リア 3.50-16
ブリジストン
BRIDGESTONE タイヤ G539 フロント MCS00140 16インチ 100/90-16 M/C 54S TL

BRIDGESTONE タイヤ BT-45 フロント MCS07374 16インチ 100/90-16 M/C 54H TL

BRIDGESTONE タイヤ BT-39 フロント MCS07376 16インチ 100/90-16 M/C 54H TL

ダンロップ
DUNLOP K155F 100/90-16 54H TL

DUNLOP GT501F 100/90-16 M/C 54H チューブレスタイプ フロント用

DUNLOP TT900FGP 100/90-16 54H TL ダンロップ・TT900GP・フロント用

IRC
IRC RS-310 100/90-16 M/C 54H TL


リア用は全てフロント用ですが(笑)
オーバーサイズもありますのでそれについてはまた後日紹介してみたいと思います^^

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 21:55| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 車両解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

GN125HとGN125−2Fの違い3

実にいっぱい違います。
今までにも紹介しているものもありますが、整理のためにもう一度書いて見ましょう。

電装系
ヘッドライト(2Fでマルチリフレクター化)
ウインカー
テールランプ
ギヤインジケーターの表示変更
燃料計の設定
ホーンの変更
左右ハンドルスイッチ類の変更
(ウインカースイッチのプッシュキャンセル化、キルスイッチの廃止)

動力系
AIの設置
キャブレターの変更
(チョークレバーのハンドルマウント)
(キャブヒーターの追加)
マフラーの変更
P1100441.JPG

制動系
フロントディスクローターの大径化
フロントディスクキャリパーの2ポッド化

駆動系
フロントスプロケットの変更 14T→15T
シフトペダルのシーソー化

車輪系
前後ホイールの変更、チューブレス化
タイヤもサクラ→ケンダ

外装系
タンク、サイドカバーのライン変更
タンクキャップの変更
シートのデザイン変更
ステップの変更(可倒式→固定式)
タンデムステップの変更
ハンドルグリップの変更
ハンドルバーエンドの追加
ミラーの変更(丸型→長円形)
イグニッションキーとハンドルロックの一体化
シリンダーヘッドカバーの設置
GN125Hのハンドルロック
P1100436.JPG

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 21:22| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 車両解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

GN125Hと2Fの違い パート2

前にもHと2Fの違いについて書きましたが、この前マサムネさんのHと並べて比較写真を撮れましたので書いてみたいと思います。

2FはHと比べて細部がかなり変更されています。
好みの部分もありますが、明らかな機能改善も多く、同じ値段なら2Fの方が御得感があります。

機能的な違いは前回けっこう書きましたので、今回は外観の違いをいくつか紹介します。
ウインカー
P1100431.JPG
GN125H
P1100433.JPG
GN125−2F

2Fで小径化し、スタイリッシュになったようです。
テールランプも違います。
P1100432.JPG
GN125H
P1100434.JPG
GN125−2F

2Fの方がいくらか小さいです。機能的には大差ないと思います。

一事が万事この調子で、同じ規格のパーツはあまり無いように感じました。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 20:09| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 車両解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする