QLOOKアクセス解析

2014年08月10日

LEDヘッドライト装着

昨日(8月9日)雨が降る前に、と言うことで早起きしてやろうと思ったんですが、起きたのは6時50分。
ほぼいつも通りでした(^^ゞ

と言うことで実際の作業は9時ごろから。
まずはさくっとHIDを取り外します。
KIMG0403

元がH4ではないので、こんな形で(トモジイさんに)取り付けてもらってます。
KIMG0404

このLEDキットはH4の接続用端子が付いています。
それをちょんぎってギボシでつなぐ方が楽なのですが、拡張性を考えてH4のメス型をつけてつなぎました。

とりあえず取り付けてみたところがこんな感じです。
KIMG0405

点灯テスト
KIMG0409

なんか随分曲がってますね(^^ゞ
と言うことで修正。
これ以上は相当反時計回転に回すことになるのでこの辺で妥協しました。
KIMG0411

この後は天候が不順なためテストもしていません。
本当はスプロケットも替えようと思ったのになあ。

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ

posted by 万里パパ at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘッドライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

HID切れた

8/5に川口まで行った帰り、なんかヘッドライトの明かりを感じられなくて、確認したところ点いていませんでした。
何度かスイッチを入れなおして確認しましたが、最初チラチラと光るだけで点灯しません。
普通にバーナーが切れたんだと思います。

一番簡単なのはバーナーを替えることですが、前にも書いたとおり、LEDに変えます。
これは決してHIDの光が紫外線を含むとかではありません。
バラストの信頼性は疑問ですけど。

一番抵抗があったのは、点灯時にとんでもない高電圧を必要とすることです。
これはバッテリーに絶対優しくないですよね?
LEDも熱問題がありますし、絶対的な性能と価格のバランスに抵抗はあるのですが、耐久性と消費電力に魅力を感じたので変更します。
ただ、例えば水草育成にメタルハライドランプと言う、水銀灯系の光源が有効なのに対し、LEDでは水草が育たないと言う、それこそ自然界に無い明かりと言うものが果たして本当にいいものなのかどうかと言うところが疑問ではあります。

それでもつけてみたいのは、好奇心からです(^^ゞ

今回購入したのはこちら。


これだけだと現状のシステムではつかないので、H4のメス型も購入しました。
それにしてもこれでかい(笑)
KIMG0373KIMG0374

つくのかこれw

もしGNに付かないようなら悔しいから車につけよう。
で、GNにはH4の普通のランプを・・・

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 22:21| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ヘッドライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

HIDを取り付け(てもらい)ました

HIDの取り付けは自分で頑張ってみると強がってみたのですが、不安になってやはりトモジイさんを頼ってしまいました(^^ゞ

電気ものって苦手意識が強くて、やはり不安だったほか、今日は仕事に嫌気が差して少し休みたかったのでお願いしちゃいました(^^ゞ
いつも助けてくれてありがとうございますm(__)m>トモジイさん

さて、今回購入したのはこちら。
P1100453.JPG

ふたを開けると・・・
P1100454.JPG
こんな感じです^^

ところで、GN125−2Fのヘッドライトユニットを開けた写真がなかったので掲載しておきます。
P1100456.JPG
裏側は一杯に配線が詰まっていて余裕はありません。

ところで、ヘッドライトユニットですが、実はGN125Hと違い、このような造りになっています。
P1100457.JPG
トモジイさんいわく、GSと同じ作りだそうです。つまりGN125Hとは違います。
125Hの場合、スプリングで止めているだけなので簡単にHIDのバーナーも固定できるのですが、2Fの場合はユニットをひねって固定するタイプなので、H4タイプの取り付け台座はそのままでは固定できません。
出っ張りの部分を少しペンチなどで折り曲げ、入るように加工した上で外れないようにネジで止めるための穴をドリルで開けます。
P1100460.JPG
ところで、通常のHIDはH4用に接続端子ができていますが、GN125−2Fは平型の3連端子が付いているためポンと付けて出来上がりと言うわけには行きません。
最低限ギボシ端子で接続できるように用意しなければいけません。もっとも、ギボシ端子は安いので5個セットで150円くらいです。HIDキット取り付けには3セットあればとりあえず足りますが、ギボシをつぶして圧着させるための工具も必要ですから気をつけてください。
P1100458.JPG
とりあえず、仮接続してみて点灯試験してみるとなんとか点灯しましたので組み付けて行きます。

注意点その@
バラストの取り付け位置

GN125Hに取り付けている方はステアリングヘッド右側に付けていますが、GN125−2Fはその位置にAI(エアインジェクション)が付いているため取り付けできません。
同じく左側にはハーネスが付いていてやはり取り付けできません。
ハンドル操作にも影響がなく、熱問題もクリアできる場所として、私が選んだのは旭風防の中です(^^ゞ
P1100463.JPG
2Fの人は取り付け位置を良く確認してから購入しましょう。けっこうスペースはありません。

注意点そのA
バーナーの奥行き

実はヘッドユニットの中は物凄くぎゅうぎゅう詰めです。ヘッドユニットはかなり長くて後ろ側につっかえました。なのでヘッドライトカバーの後ろ側に穴を開けました。
P1100462.JPG
もちろん非可逆の改造です。抵抗のある人はこの改造はやめましょう。
とにかく今回はカバーの後に穴を開け、バーナーユニットの後端に逃げ場を作りました。
この結果、なんとかユニットがはまるようになりました。

注意点そのB
Hi/Loの切り替え

説明書に寄って取り付けるとハイローの切り替えが逆になります。
実際に点灯試験をした後、ギボシ端子をつなぎ変えました。

注意点そのC
バーナーユニットの取り付け状態について

今回、私は上側にカバーが来るように取り付けました。
P1100464.JPG
ちなみにトモジイさんのGSは逆に取り付けられています。
P1100455.JPG
正直、どちらが正しい取り付け位置なのか良くわかりません。

ともあれ、今回取り付けた状態の配光を撮影してみました。

Loビーム
P1100466.JPG
Hiビーム
P1100467.JPG

取り付けにご協力いただきましたトモジイさんに深く感謝いたしますとともに、これから取り付けをしようという方にけっこう強めの警鐘を鳴らします(^^ゞ
ある程度の工具がないと、このHIDはGN125には付ける事はできません!!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 21:09| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | ヘッドライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。