QLOOKアクセス解析

2014年08月28日

ようやくブレーキパッド購入

この前下りでフェードを起こし、怖くなってトモジイさんに泣きついて赤パッドをお借りして乗っていましたが、この度ようやく自分で買いました(^^ゞ

こちらです。


今回は現状よりもピストンを戻すことになるわけですが、ピストンを戻すのってかなりやばいのです。
ピストンの表面には汚れや錆がある場合があり、そのまま押し込むと簡単にシールを傷つけてしまうのです。
ですからピストンは戻すことなく、最後は外して磨いて戻しましょう。

キャリパーピストン

今回はネバダルで磨きました。


汚れがひどい場合、細目のペーパーで落とした後ピカールなどで磨きましょう。

今朝取り付けたばかりですが、まだ当たりも出てないうちから赤パッドよりも効きます。
これは凄い。
赤パッドよりはローターへの攻撃性が高いかもしれませんが、ローターもこのパッドも安いのでOKかと(^^ゞ
ともあれ、このYAMASIDAのパッドはお勧めです!

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 22:06| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ブレーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

ブレーキパッドに関する情報

昨日の記事でパッド交換を書きましたが、GN125−2Fに使えるフロントブレーキパッドについて紹介していきましょう。

まず、GN125−2Fのパッドサイズですが、わかりやすくするためにべスラの画像を使ってみます。
sd-340/2

ベスラ

多くのパッドはこのSD−340と同じもので、厚さが7.5mmです。
一方、GN125−2FやEN125−2Aで使っているパッドは340/2の方で、厚さが9.3mmあります。

こちらがベスラの適合検索です。

ベスラのホームページ

これで検索すると、同じサイズのパッドを使ってるのは中国、台湾、韓国のバイクばかりですね(^^ゞ

ちなみにこのサイズはデイトナにはありません。
もちろん、薄いだけで同じ形のなら普通に適合します。

画像はイメージですが、この写真をクリックするとベスラのSD−340/2商品ページに行きます(アマゾン)。



同じサイズでVD(メタルパッド・焼結パッド)も存在します。GNがステンレス製(材質SUS410)のローターを使っているのならこれもいいと思います。


デイトナ

デイトナでは以下の製品が対応します。
赤パッド        79829


ゴールデンパッド    68227


ハイパーシンタード   72451


ハイパーパッド     27440


あえて耐久性やコストパフォーマンス重視のハイパー系をつける意味はあまりなく、そういう意味ではゴールデンパッドが一番いいのかもしれませんね。

YAMASIDA

台湾メーカーのYAMASIDAです。
こちらのD−439と言うモデルが適合します。
なんと言っても安い!
評判は総じて悪くないのですが、このパッドにも色々な種類が存在しています。
どうやら「OR」と言うモデルが一番いいみたいですね。
楽天では「SX」を販売しています。


ヤフオクならORパッド売ってますね。


N.T.B

こちらは日本の丸中洋行が販売してます。


ところで、国産の純正パッドも存在します。
車種的にはほぼオフロード車ですが、NTBの品番リストのページで国産のパーツナンバーが出ています。

3JDなどの数字とアルファベットの組み合わせはヤマハの、59から始まる数字はスズキ、それ以外はカワサキです。

どれにするかまだ悩んでますが、YAMASIDAに惹かれている自分がいます(^^ゞ

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ




posted by 万里パパ at 22:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブレーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブレーキパッド交換

ここのところ記事をサボリ気味で書くべきことがたまってますが、とりあえず今日のことから・・・

先日ゆーぞさんやキリさんと山道を走ってきたんですが、その終盤、下りのヘアピンに突っ込もうとしたときに、ブレーキが利かなくなり死ぬほど焦りました。
まあ、結果的には必死にブレーキを握って減速したわけですが・・・
これって普通にフェード現象ですよね?

とあるYBR乗ってる方のブログにもそんなことが書かれていました。
とにかくパッドを変えよう!
と言うことでいろいろ調べてたら、いつもお世話になってるトモジイさんから「赤パッドならあまってるよ!」とのお言葉をいただき、早速取りに伺いました。

で、今日取り替えました。
交換手順ですが、まずはパッドを止めているピンのふたになってるネジをマイナスドライバーで開けます。
P1100923

次にピンを5ミリのヘキサゴンレンチで外します。
P1100924

で、キャリパー本体を外します。
P1100922

この状態でパッドはぽろぽろと落ちてきます。
外したピンはこんな具合に汚れたり錆びたりしていますから掃除しましょう。
P1100925

清掃後
P1100926

ところで、2FやENのノーマルパッドはかなり分厚く、対する市販のアフターマーケットパーツは薄いです。
これだけ違います。
P1100928

これだけ厚さが違うとその分ピストンも押し出されるのでブレーキフルードを補給してやりましょう。

肝心の効き具合ですが、まだ当たりが出てないのでいまいちです(笑)
でも感触は悪くないです。効き味が劇的に変化すると言うことはなさそうですけど、フェードしなければいいや(^^ゞ

ブログランキングに参加しています。お役に立ったと思っていただけましたら応援をよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村


バイク(スズキ) ブログランキングへ
posted by 万里パパ at 00:23| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ブレーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする